全機能 コールセンターパフォーマンス ウォーム転送機能(導入予定)

Freshcallerウォーム転送機能でコンテキストも通話と一緒に転送

顧客の問い合わせが複数のコールセンターエージェントに転送されてしまうと、顧客は問い合わせの理由を繰り返し説明することになります。 ウォーム転送機能を利用することで、コールセンターのエージェントは顧客の問い合わせを転送する前に問題に関する十分なコンテキストを他のエージェントに提供し、より良い顧客体験を提供することが可能となります。

こうすることで複数のエージェントが同じ顧客に対応する場合でも、問い合わせた理由をエージェントが事前にきちんと把握することができます。

顧客との通話をウォーム転送で他のエージェントに転送することで、エージェントと顧客へより高品質な会話を提供しましょう。

 

 
顧客の問題に即時対応

ウォーム転送を使用してコールを転送することで、エージェントは顧客が直面している問題について繰り返し説明を求めることなく顧客の問題点を把握することができます。 顧客は問題が真剣に受け止められている事を認識することができるのです。

エージェントのコラボレーション強化

エージェントにとって誰に通話を転送すべきか明確となり、顧客が求めているものに関する十分な情報を新しい担当者へ提供できます。 こうすることでコールセンターの全エージェントの意思疎通が機能していることを顧客に示すことが可能となります。

シームレスな顧客体験

その場で顧客の問題に対応し、初回完結率を向上させます。 同時に御社ビジネスが優れた顧客体験を提供していることを確実にしましょう。