全機能 コールセンター設定 営業時間

チームに対応するカスタム営業時間の作成

 

チームはそれぞれ異なる働きをします。経理は18時前に仕事を終え、サポートは24時間対応、マーケティングは徹夜で対応する必要があるかもしれません。しかし、コールセンター管理ソフトウェアは「24時間」という一定の方法でのみ機能します。これはチームがどのような勤務時間にあっても、誰かが常に目を光らせて全ての通話に確実に応答する必要があることを意味します。どのような企業であっても、顧客に自分が外出中であることを伝えたり、顧客にメッセージを残してもらう方法がなくては電話に対応可能な時間を決めることができません。

Freshcallerでは、電話番号ごとに営業時間を設定できるので、それぞれの部署が電話のスケジュールを自分たちで決めることができます。営業部門で午後のシフトだけにしたい場合でも問題ありません!Freshcallerを設定して、自動で(かつ丁寧に)顧客に対応不可の旨を伝え、メッセージを留守番電話に残してもらうことで、翌日出社したチームが対応できます。

 

営業時間ルーティングに関するよくある質問

 

Freshcallerの電話番号ごとに異なる営業時間を設定できますか?

 Freshcallerでは電話番号ごとに営業時間を設定できるので、それぞれの部署が電話のスケジュールを自分たちで決めることができます。営業は午後のシフトだけにしたいような場合でも問題ありません!Freshcallerを設定して、自動で(かつ丁寧に)顧客へ対応不可の旨を伝え、メッセージを留守番電話に残してもらうことで、翌日に出社したチームが対応できます。

営業時間後はどのように通話をルーティングしますか?

Freshcallerでは、営業時間に応じてコールセンターのルールを設定できます。営業時間中に特定のルーティングを行ったり、営業時間外に留守番電話へ発信者を誘導したりできます。しかし真のグローバルチームではFreshcaller振り分けプロビジョンを活用し、異なる国の他チームへ通話を転送します。Freshcallerは真のグローバルビジネスコールセンターの構築と運営をお手伝いをします。