全機能 コールセンター設定 留守番電話機能

カスタム留守番電話と挨拶文の作成

 

電話の相手はパーソナライズされた挨拶文で応対されるに値します。我々は相手の電話をするという行為に加え、電話チャネル体験における全ての時間に報いるべきなのです。待ち時間や担当エージェントに応じたカスタム挨拶メッセージを作成しましょう。エージェントが通話中、または祝日などの場合は、発信者に留守番電話を残してもらえます。Freshcallerの多彩な挨拶文と留守番電話が、特定の通話シナリオに応じて、メッセージを完全にカスタマイズするお手伝いをします。

 

挨拶文& ボイスメールに関するよくある質問

 

Freshcallerでは、どのようにカスタムメッセージを作成しますか?

当社の音声合成コンバータを利用して、挨拶メッセージを制限無しで作成できます。既存の挨拶メッセージの.mp3ファイルをアップロードするか、自分の音声を使用してメッセージを録音するかをいつでも選択して頂けます。

 
発信者に留守番電話を残すようにお願いするタイミングは?

発信者がIVR(自動音声応答)で0を選択した際、またはエージェントがオフラインの時や他の通話対応中に、留守番電話を残すようにお願いしましょう。

挨拶文付きIVR(自動音声応答)

Freshcaller IVR(自動音声応答)で、発信者に「おはようございます」や「こんばんは」のような基本的な挨拶に続けて、電話をかけていただいた感謝を表すシンプルな言葉を付け加えましょう。例:「お電話ありがとうございます。」

 

 
挨拶文と留守番電話

挨拶文は電話チームの一部であるべきです。発信者にあなたの電話システム体験を機械的だと感じさせてはいけません。Freshcallerでは体験が発信者に対して最大限に共感するようデザインされています。