CRMソフトウェア業界で最高評価を獲得しています

不動産ビジネスに特化したCRMが必要な理由

不動産ブローカーや不動産業者としてのな主な目標は、クライアントのエンゲージメントと満足を維持することにあります。また、不動産業界における競争でトップに立つには、各クライアントの固有の要件を理解し、定期的にフォローアップを行い、新規顧客を獲得する必要があるのです。これはつまり、不動産CRMで解決できる『サイクル』にあたるのです。相手に合わせてパーソナライズした会話を展開すればするほど、ロイヤリティの獲得やブランドの信頼性向上が実現でき、新規ビジネスや顧客の紹介を獲得できます。 

これを実現するため、次のような数多くのツールやテクノロジーを導入しましょう:

しかし、互換性のない複数のツールに情報が分散していると、エージェントはクライアントの進行状況をチェックするためだけに大量のデータを調べなければならず、時間を無駄にしてしまいます。それだけではなく、貴重な情報を見失っている可能性もあるのです。 

ここで役に立つのが不動産業向けに設計されたCRMです。優れた不動産向けCRMは、すべてのクライアント情報の整理と管理、新規リードの確保と営業トレンドの分析、コミュニケーションと取引の追跡などを行うことで、チームの生産性を向上させ、クライアントと質の高い関係を構築するのに役立ちます。

 

Freshsalesの不動産用CRMソフトウェアは、
不動産業者が営業の競争で上位を維持できるよう支援します。

不動産業者や不動産仲介人用に構成された最高のCRMを使うことで、ビジネスに集中出来るようになる上、Freshsalesが販売プロセスにおけるバックエンドのアクティビティを処理してくれます。これは、商業用および住居用不動産を扱うエージェント、仲介業者、不動産開発業者が業界をリードし、クライアントのライフサイクル全体にわたってシームレスなエクスペリエンスを提供するためのワンストップソリューションなのです。 

 

Freshsales不動産向けCRMにおける機能

顧客をCRMへ自動取り込み

不動産の購入を検討している顧客は、ウェブサイトで物件を探したり、エージェントとチャットをしたり、フォームに記入したり、メールで問い合わせをしたりします。顧客の問い合わせ理由が何であれ、Freshsalesには顧客の情報を自動的で収集する機能が搭載されています。また、CRMシステムはウェブサイト上での顧客の閲覧アクティビティにおけるインサイトを習得し、初回のやり取りで必要不可欠なコンテキストを与えてくれます。 

 

適切なコンテキストで有意義な会話を実現

不動産業者は、複数の見込み客や顧客と同時にそれぞれ異なるステージの取引を行います。また、潜在顧客の多くは、購入プロセス全体を通じてエージェントがアドバイザーになってくれることを期待しているのです。このような場合、顧客と会社の過去のやりとりを360度の総合的なビューにまとめて表示することは最適なソリューションだといえるでしょう。不動産のエージェントは、この不動産CRMを活用することで、コミュニケーションの履歴、保留中のアポの予定、完了すべきタスク、さらにはウェブサイトやメールにおける見込み客のアクティビティを表示し、相手が興味を持った理由を理解することができます。このコンテキストを利用することで、エージェントは、見込み客や顧客と、パーソナライズ化した有意義な会話を行い、相手に満足を届けることができるのできるのです。

取引を視覚的に追跡&管理 

複数のクライアントを扱う場合、取引の管理は面倒な作業になりがちです。フォローアップや取引の状況把握を忘れたり、過去の顧客または見込み客との連絡漏れが発生したりする可能性があります。  Freshsalesのような不動産CRMでは、販売プロセスのステージごとに、取引の視覚的なパイプラインを作成します。取引のプロセスと進行状況を表示し、売上を予測し、ボトルネックを特定し、より効果的に取り組むべき箇所を決定しましょう。 

 

強力な自動化機能で
エージェントの生産性を向上

エージェントの繰り返しタスクにうんざりしていませんか?売買契約をメールで送る場合でも、不動産のチラシを送る場合でも、支払いに関するフォローアップの電話をかける場合でも、顧客との継続的な関係を築く上で、タイミングのよさと一貫性は大いに役立ちます。不動産業者向けのCRMには自動化機能が搭載されており、システムがより多くの作業を実行できるようになるため、エージェントは顧客へのサービス提供により多くの時間を費やすことができます。 

既存顧客の維持と育成

Property Online Inc.の調査によると、顧客の74%は、取引が完了した後でも連絡を取り続ける不動産業者であれば、紹介してもよいと考えています。これは、より多くの紹介先を獲得する可能性を高めてくれるだけでなく、顧客の支持と長期的な関係を構築することによって、リピーター獲得の機会を増やせるということも意味します。不動産CRMソフトウェアには、住宅ローン市場や現在の家の価値に関する有益な情報を送信したり、誕生日や記念日にメールを送信するなど、有効な販売キャンペーンを送信することで顧客を育てる機能が搭載されています。

豊富なインサイトを活用した分析で
スマートな判断を

重要な意思決定を行うには、チームの能力を把握しておく必要があります。能力とは、優秀なメンバー、目標と達成度の比較、目標を達成した地域などが挙げられます。ボトルネックを特定し、成立しなかったディールの原因を分析しましょう。不動産用CRMソフトウェアは、パフォーマンスを追跡し、潜在的な取引のクローズを実現するためのより良い戦略を識別するのに役立つ、リアルタイムでビジネス主体のメトリクスへのインサイトを提供します。また、キャンペーンの成功や収益、どの顧客とのやりとりが最も収益性が高いかなどをリアルタイムで追跡することもできます。 

外出先からも顧客データへアクセス

不動産とは、日々電話やメールに対応したり、物件に関する資料を作成・配布したり、オープンハウスに参加したり、顧客の建物検査に同行したり、融資担当者や見込み客を訪れたりと、外出の機会が大変多い職種です。つまり、常にどこへでも行ける状態にしておくことが大切だということです。FreshsalesではiOSとAndroidのモバイルアプリが利用可能で、エージェントは移動中でも全機能にアクセスできます。また、不動産用CRMのアプリでは、音声メモを録音してチームと共有したり、予定を確認したり、電話をかけたり、メールを送信したりすることも可能です。モバイルアプリに加えられた変更はすべて自動でウェブアプリケーションに同期されるため、常に最新の情報を確認することができます。