マーケティング用
チャットボット

マーケティング担当者は、常に新しいトレンドや技術を最初に取り入れるものです。ブランドが注目を集めようとする場合、すでに利用しているプラットフォームで潜在顧客にリーチするのは理にかなった手法です。そして、印刷物・メール・電話・オンラインチャットにおいて、マーケティング担当者は顧客の行動の変化に対応するために常に進化を続ける必要があります。 

2019年のアンケートでは、買い物客の57%が、最良の選択を実現するため、購入前に必ず調査を行うと答えています。ですから、潜在顧客と積極的に関わり、購入の意思決定を支援することが重要なのです。チャットボットは、あなたの会社のバーチャルマーケティング担当者として、マーケティング担当者であれば誰もが直面している主要な懸念を解決してくれます。これにはリードの生成、複数のエンゲージメントタッチポイントの提供、パーソナライズされたキャンペーンの実行、プロアクティブな通知や内蔵された支払い方法などのプラグインを使って購入の手伝いをすることなどが挙げられます。 

What is live chat software

マーケティング用チャットボットでエンゲージメントを改善。

ウェブサイトにおけるコンバージョンの増加

多くの訪問者のページ上における滞在時間はほんの数秒に過ぎません。ですから、ウェブサイトのコンバージョン率を向上させる方法を見つけることが重要なのです。これにはより迅速なアクションやページ滞在時間の増加を目的とする誘導が含まれます。チャットボットは、訪問者と関わることでページへの滞在を促進し、訪問者のアクションを引き出します。例えば、チームがブログ内で電子書籍を宣伝している場合、訪問者をブログページからランディングページへ移動させてしまうとコンバージョン率を下げてしまいますが、チャットボットはすべてのページでフォームとして機能してくれます。つまり、電子書籍をダウンロードするための手順を少なくすることで、コンバージョン率を向上できるのです。 

一般的な質問を営業に変換

チャットボットとやりとりする訪問者は、潜在的なリードである可能性があります。トラフィックからリードへの変換で重要なのは、適切なCall-to-Action(CTA)を知ることです。すべての対話は、訪問者の意図をよりよく理解するために設計される必要があります。例えば、訪問者が「動物園は何時に開園しますか?」などの質問をすると、チャットボットは即座に「動物園は午前9時から午後6時まで営業しています」と回答します。更には、「チケットのご予約を希望しますか?」といった質問が表示されることが理想です。決まりきった質問でさえ、販売の機会に変えることができるのです。 

ウェブサイトで細分化されたプロモーションを提供

チャットボットマーケティングにおける重要なコンセプトは、ウェブサイトとのやり取りに基づいて訪問者をセグメント化し、各カテゴリのメッセージをパーソナライズすることにあります。チャットボットは、セグメントを認識し、ユーザーが属するカテゴリに基づいてプロモーションを提供するように訓練することができます。たとえば、顧客になる見込みのあるリードには、購入を促すために期間限定の割引を提供します。そして、顧客に対しては製品をアップセルすることを目的としたメッセージを表示させることが可能となるのです。 

プロのヒント:

トラフィックを定義することで、メッセージを簡単にカスタマイズできます。通常、この定義は次のようなものです:初めてページを訪れた人は訪問者で、その人があなたと情報を共有している場合はリードとなります。 そして、すでに購入したことがある場合には顧客として定義されます。 

より多くのリード見極め

チャットボットは時間をかけてページをまたいで訪問者に質問をすることでリードを獲得することができます。継続的な会話により、相手はより多くの情報を共有するようになるのです。これにより、マーケティングチームは訪問者を見込みのあるリードにすることが可能になります。製品に対して、理想的な顧客ペルソナをチャットボットに指定しましょう。リードが基準に適合することで、チャットボットが自動でプロフィールに適合する顧客を見極めてくれるようになります。

カゴ落ちの削減

最近の調査では、顧客の37%がオンラインショッピングを開始した後、購入に至らなかったと回答しています。これは販売機会の損失です。ウェブサイトで顧客の行動の傾向に気づいたら、プロアクティブなポップアップメッセージとオファーを表示することで、顧客に購入を完了させることが可能です。カート放棄または購入に対する追加の割引に関する顧客への通知メッセージは、カゴ落ちを減らすためのベストプラクティスなのです。

ボット内でオンライン購入を完結させる

支払いポータルをチャットボットと統合して、さらにカート放棄を減少させましょう。チャットボットは、オンラインでの購入を完了するために必要なステップの数を減らすことで、購入の簡素化を強化してくれます。これは、未購入件数を減らしたいEコマース企業にとっては素晴らしいことです。顧客に、購入に手間をかける必要がないことを示すことで、購入の完了を促すことができるのです

マーケティングKPIの向上

リード数

適切なレベルのエンゲージメントで、ウェブサイトのトラフィックをリードへと効果的に変換します。

変換率

チャットボットを使ったマーケティングは、コンバージョン率を高めることを目的としており、測定される必要があります。

顧客離脱率

顧客に情報を提供して、サービスの利用を停止してしまう人の数を減らしましょう。

ページ滞在時間

顧客と過ごす時間を増やしましょう。常に連絡を取り合っている顧客は、再購入する可能性が高くなります。

リテンションレート

同じ顧客がチャットボットを利用する回数が増えれば増えるほど、顧客をつなぎ止めるチャンスが増えます。  これは顧客離脱率の減少にも直接的な影響を与えてくれるのです。

他にも役に立つ情報を数多くご用意しています。
下記ページも是非ご確認ください!

「チャットボットとは?」に戻る