営業用チャットボット

営業担当者は常に、オンラインにおけるトラフィックをリードに変換する方法を模索しています。これを実現するため、あらゆるユーザーインターフェースにおける取り組みは、訪問者が詳細情報を提供するためのランディングページへの誘導を目的としています。そして訪問者が要件を満たしている場合には、リードとして認定されるのです。明らかに、このプロセスは長ったらしいものであり、結果としてウェブサイトにおけるトラフィックの平均2.35%だけが、業界全体のランディングページでリードに変換されています。

今日のオンラインビジネスは、ライブチャットを利用して、訪問者に対して積極的に接触し、より多くのリードを変換することもできるようになっています。訪問者に十分な注意を払うことによってコンバージョン率が上がるだけでなく、彼らが直面している特定の課題に対応して、コンバージョン率が高くなるようなレスポンスを作成することも可能です。しかし、限られたチームの処理能力で24時間365日の可用性を提供したい場合、ライブチャットの拡張は困難なタスクです。実際、ライブチャットにおける会話の30%近くが放置されています。 

ここで営業チームの役に立つのがチャットボットです。 

営業プロセスをチャットボットで改善

プロのヒント:

リードを獲得する前の段階的なプロファイリング(一定期間における訪問者からの情報の取得)は、チャットボットで行うのがベストです。訪問者がどのページで、どのようにウェブサイトを操作しているかを追跡しましょう。次に、チャットボットを訓練し、ジャーニーに合わせた質問をトリガーさせます。時間をかけて訪問者と話すことで、コンバージョン率が高くなることが証明されています。 

チャットボットで営業KPIを改善しましょう。

リード生成

訪問者と積極的に連絡を取り、関連情報を提供し、訪問者の注目を集めます。説得力のあるコンテンツと行動喚起を提供し、リード変換につなげましょう。

リードの見極め

訪問者から情報を収集し、意図を理解することにより、リードの見極めを実行します。質問をし、実行可能なインサイトを提供して、魅力的な会話を実現しましょう。 

注文の完了

チャットボットに購入の手伝いをしてもらいましょう。訪問者が購入を決定した際、チャットボットが支払い手続きや必要書類、登録の準備を行います。 

ファネルの各段階で達成すべきことは次のとおりです

Chatbot sales funnel


プロのヒント:

チャットボットサービスに関する決定時には、営業ルートを分析し、自動化できるやり取りとプロセスを特定します。チャットボットは、ライブチャットエージェントに代わって、反復的または秩序立った対話を引き継ぐことができることを覚えておきましょう。 

ビジネスのニーズに合ったチャットボットを探しましょう。

チャットボットを営業ファネル内に導入する場合、自動化によってオンラインでの販売におけるギャップを埋めることができる幅広い機能を提供するプロバイダを見つけることが重要です。チャットボットには次のような機能が備わっているべきです:

トリガーメッセージ

チャットボットはトリガーメッセージを自動化して、サイト訪問者を行動に駆り立てることができます。トリガーメッセージは、ウェブサイトに入ると表示されるポップアップ表示に似ていますが、トリガーメッセージはチャットウィジェット内に存在しています。ページ上のコンテンツを隠してしまうポップアップ表示とは異なり、チャットボットはページコンテンツを見せたままでパーソナライズされた会話を実行してくれます。

セ営業担当者への自動エスカレーション

チャットボットは、顧客の意図に基づいて、チャットを担当者に自動転送するようトレーニングすることが可能です。エージェントへの引き渡しが役に立つ場合は2タイプ存在します。1つ目は苛立った顧客への対応、もう1つはチャットボットの能力を超えた問い合わせの解決です。

CRMとの統合

チャットボットは、リードの見極めが完了すると、自動でCRMにリードを送信してくれます。これにより、リードの追跡が非常に容易になり、営業チームの生産性を維持することが可能です。

営業担当者とのミーティング予定を自動設定

チャットボットを使用すると、Googleカレンダーなどの外部アプリのウィジェットを追加して、ボット機能を拡張することができます。  事実、オンラインビジネスを利用する際に訪問者が直面する最大の問題は、予約を取る事にあります。チャットボットを活用し、この問題をサクッと解決してしまいましょう。訪問者が営業チームとのミーティングをリクエストした場合、チャットウィジェット内でこのリクエストを完結させることができます。

言語とプラットフォームの接続

世界中に顧客を持つビジネスでは、複数言語でコミュニケーションができ、ウェブサイト以外のチャネル(例えばWhatsApp for BusinessやApple Business Chat)と統合できるチャットボットが必要です。

チャットボットで営業KPIを改善しましょう。

会話を開始するメッセージ

チャットボットで実行されているキャンペーンで何回会話が開始されたかを確認しましょう。顧客が関心を示すまでにメッセージが何度表示される必要があるかを分析します。 

認定されたリードの数

チャットボットによって認定されたリードの数を測定しましょう。こうして、価値あるリードを得るために基準を調整する必要があるかどうかを確認してください。 

変換率

チャットボットを使うことで、顧客は短い時間内で問い合わせを解決へと導ける可能性が高まり、顧客が営業ファネル内を進む速度も加速します。これはより迅速な意思決定につながるのです。

チャットボットに関する情報はこれだけではありません。詳細はこちらからご確認ください! 

「チャットボットとは?」に戻る