オンラインチャットを提供すべき理由

現代では、顧客が商品を購入する前に複数のタッチポイントでブランドと接触する事が一般的です。潜在的な顧客が情報を求めている時に、売り手はオンラインで利用可能である必要があるのです。連絡を取りづらくなるようなことは避けなければなりません。顧客に連絡先となるメールアドレスや電話番号を探させる代わりに、顧客があなたのウェブサイトを閲覧中に積極的にチャットで話しかけたり、顧客からメッセージングを始めやすくする機能を取り入れましょう。さらに重要な点として、オンラインチャットボックスによって見込み客とのパーソナライズされた会話を持つことができます。

online chatbox online chatbox

販売用チャットボックス

オンラインチャットは、ウェブサイトのトラフィックから見込み客を絞り込む事で、より重要なリードの獲得に役立ちます。統計では、オンラインチャットボックスを使用する企業は、売上が30%増加しています。また、ウェブサイト上で見込み客が訪問したページ、ページ上で費やした時間といったコンテキストに合わせて、会話をパーソナライズする事も可能です。Freshdesk Messagingは、見込みのあるリードを適切なマーケティング担当者にインテリジェントにルーティングすることで、コンバージョンの増加を支援します。

  • ウェブサイト、モバイルアプリ、製品内のチャットボックスで、すぐに会話をスタート。
  • コラボレーションインボックスを使用した、問い合わせのより迅速な特定および解決。
chatbox for sales chatbox for sales

カスタマーサポート用チャットボックス

カスタマーサポートにチャットボックスを導入すると、企業への信頼度が向上します。スピード感が大切な現代では、電話やメールで問い合わせるよりも、カスタマーサポート担当者とのチャットで問題をその場で解決してすっきりしたいという顧客が増えています。Freshdesk Messagingは最先端の非同期式オンラインチャットボックスであり、サポート担当者は過去のチャット履歴を確認でき、顧客と有意義な会話をすることが容易になります。

チャットボックスをカスタマーサポートに導入することで得られるメリットは以下のとおりです。

24時間365日年中無休で顧客とのチャットが可能

オンラインチャットサポートを提供することで、顧客が他社のより良いサービスを検討する必要性を減らすことができるため、LTV(顧客生涯価値)の向上に役立ちます。Freshdesk Messagingのようなオンラインチャットツールは、サポート時間外でも顧客が利用でき、サポート担当者の予想される待ち時間を伝える事ができます。また、以下のことも可能です。

セルフサービス

チャットボックスの適用範囲は、ライブサポートにとどまりません。これは、顧客が自分で問題を解決できるようにするセルフサービスのオプションを提供する事でもあります。ここでのセルフサービスとは、FAQのリストや、顧客が自力で調べることができるナレッジベース、動画、記事などが含まれます。

定型文による回答

オンラインチャットの主な利点のひとつとして、1人のサポート担当者が同時に複数のチャットでサービスを提供できる点があります。より迅速な応答を行うために、最新のチャットボックスは、使用頻度の高いメッセージを登録するオプション、すなわち事前定義された定型回答文で返信する機能を提供します。  

オンラインチャットで顧客にとって身近な存在に

 
顧客のオンボーディング

オンラインチャットボックスは、新規顧客のオンボーディングの際にも役立ちます。製品の紹介動画やツアーをプロモーションに統合すれば、顧客が製品をより深く探求するのに役立つでしょう。

アプリ内フィードバック

チャットツールを使用すれば、アプリ内キャンペーンを通じてアンケートを送ったり、フィードバックや提案を収集できます。これにより、製品や顧客体験の全体的な向上が期待できます。

リピーター促進

また、チャットボックスは顧客に関する十分なコンテキスト情報を提供できます。これにより、適切なタイミングで適切なインセンティブを提供して顧客満足を向上することができます。

online chatbox for support online chatbox for support

チャットボックスの効果的な配置で顧客体験を向上

チャットボックスを最大限に活用するには、チャットボックスをウェブサイトとサポートポータルの適切な場所に配置する必要があります。オンラインチャットボックスの追加を検討すべきページには、次のようなものがあります。