ウェブサイトにチャットを埋め込む理由

ウェブサイトにFreshdesk Messaging (旧Freshchat)などのチャットツールを埋め込むと、顧客と企業が簡単につながることができます。一般的に、顧客は商品を購入する前に複数のチャンネルで販売者とやりとりを行うのが普通であり、Webサイトにチャットを埋め込むことで、カスタマージャーニーを大きく変えることができます。ウェブサイトなら適切なタイミングに適切なページでビジターとのプロアクティブなチャットを行う事で、販売へのコンバージョン率が向上します。たとえば、価格一覧を閲覧しているビジターにチャットで積極的に話しかけ、価格設定モデルへの理解を深めてもらう事ができます。

embed chat embed chat

チャット埋め込むことで顧客との距離を縮める方法

顧客からのフィードバック

Freshdesk Messagingのようなチャットツールをウェブサイトに埋め込むと、アプリ内アンケートを発動して、現在顧客に提供しているカスタマーエクスペリエンスに関するフィードバックや提案を収集し、その改善に役立てることができます。顧客とのチャットは、製品がどのように使用されているか、どのように製品採用を改善できるかを理解し、さらに一歩前進することが可能になります。

新規顧客のオンボーディング

ウェブサイトにチャットを埋め込むための主なユースケースの一つは、新規顧客のオンボーディング体験を向上させることです。チャットツールを通じてアプリ内FAQ、ナレッジベース、ビデオなどを提供すれば、新規顧客が迅速に製品知識を深める手助けになります。さらに、チャットツールは押し付けがましくない方法で顧客を育成するのにも役立ちます。

コブラウジング(画面同期)

また、Freshdesk Messagingをウェブサイトに埋め込むことで、市場に出回っている多くのウェブサイトチャットツールよりもさらに一歩進んだサービスを提供することができます。コブラウジング機能により、必要なときにいつでも顧客の画面を操作して疑問を解決し、同時に顧客と音声で会話することも可能です。

カスタマーサポートのためのウェブサイトチャット

あなたのウェブサイトにチャットオプションを埋め込むと、メールや電話よりも素早くサポートチームに連絡をとることができるので、御社に対する顧客の信頼を大幅に向上させることができるのです。また、ウェブサイト上のチャットツールは、あなたの顧客サポートをプロアクティブにすることができます。すなわち、問題が発生してから顧客がサポートチームに問い合わせるのではなく、顧客が顧客サポートのどのページにいるかに基づいて、積極的に適切な会話をトリガーすることができます。

embed chat in website for support embed chat in website for support

Freshdesk Messaging (旧Freshchat) でカスタマーサクセスを実現

お客様と同じ目線で

Freshdesk Messagingでは、Whatsapp、Facebook Messenger、Slack上で顧客とのチャットが可能で、それら全ての会話をFreshdesk Messaging内で管理できます。

顧客が自力で問題を解決できるようにお手伝いをします

問題を抱えている顧客全員がサポート担当者に連絡を取りたいと考えているとは限りません。そのため、セルフサービスオプションを提供する事が重要です。Freshdesk Messagingには、ウェブサイトやサポートポータルでの顧客の状況に基づいて、関連性するFAQ、ナレッジベース、ビデオを提案する機能が搭載されています。