世界中でさまざまな企業が活用しています

LINEチャットボットとは

チャットボットとは、「チャット(会話)」と「ボット(ロボット)」を組み合わせた言葉で、自動的に会話を行うプログラムのことを指します。

LINEでチャットボットを導入すると、LINEアプリ上でユーザーと自動的に会話をさせることができます。例えば、飲食店の予約や宅配便の再配達手配などをチャットボットで受け付けることで、顧客対応を自動化できます。

ECサイトでは、配送料や商品に関するユーザーからの質問に対してFAQページを活用して返信させたり、定期的にキャンペーンのご案内をしたりすることも可能です。

LINEの管理を簡単に

LINEアカウントとFreshchatを連携することで、画像やハイパーリンクを含むすべてのLINEの会話をFreshchatに取り込むことができます。チームインボックス機能(複数の担当者でLINEのメッセージを送受信する機能)を使って、お客様との会話を一箇所で管理できます。優先順位を自動的に割り当て、すぐに対応が必要な会話をオペレータに通知することで、お客様を待たせることもありません。

LINEの管理を簡単に LINEの管理を簡単に

LINEをチャットボットで自動化

LINEにチャットボットを導入することで、回答が自動化され、お客さまは24時間いつでも問い合わせを行うことができるようになります。

実は、カスタマーサポート部門に寄せられる問い合わせの大半は「パスワードを紛失した」「送料を知りたい」といった、簡単な内容のものです。しかし、それら一つ一つにオペレータが対応していると、複雑な質問や特殊な問い合わせに対応する時間がどうしても足りなくなってしまいます。LINEをチャットボット化すれば、有人で対応していた多くの問い合わせを自動的に解決することができます。

line chat bot 3 line chat bot 3

担当者を自動でアサイン

Freshchatは、チャットボットによる対応からオペレータでの受付にシームレスに切り替える機能も備えています。例えば、化粧品のECでおすすめ商品をLINEに表示させた際、その製品の成分についてユーザーから質問されたとします。チャットボット単体ではこうしたイレギュラーな対応は難しいため、すみやかにオペレータに対応をスイッチして、適切な回答を行うことが可能です。

Freshchatに登録するオペレータには、トピックに応じてグループを割り当て、LINEでの会話が最適なグループに引き継がれるよう設定できます。例えば、特別なクロージングが必要な高級商材に関する問い合わせが入った場合は、自動的に専門の営業グループに転送する、といった具合です。

担当者を自動でアサイン 担当者を自動でアサイン

Freshchatの多彩な機能

オムニチャネル対応

LINE以外にも、WebサイトのチャットボットやEメール、Facebookメッセンジャーでのやり取り等を一元管理できます。

重要なデータを保護

OTP認証、プライバシーモード、HIPAA、GDPR対応で安全性を確保。

さまざまなアプリと連携可能

決済ツール、受注管理ツール、CRMツールと連携し、注文の更新や返金などをFreshchatでリアルタイムに管理することができます。

シフト管理機能

オペレータの勤務時間を管理し、顧客からの問い合わせ時にオペレータの在席状況に応じて割り振ることも可能。

世界中の顧客をサポート

ライブ翻訳機能で世界中のお客様をサポート。Freshchatは、32以上の言語に対応しています。

オペレータの権限管理

オペレータの権限を詳細に管理可能。権限に応じてアクセスできる範囲を制限することで、顧客情報を守ります。

まずは、21日間の無料トライアル で全ての機能をお試しください。