世界中でさまざまな企業が活用しています

facebook messenger integration 2 facebook messenger integration 2

Freshdesk MessagingでFacebookメッセンジャーをチャットボットに

導入は簡単、スムーズに

Freshdesk Messagingを導入することで、Facebookメッセンジャーを使ったスムーズなサポートが可能になります。

FacebookページとFreshdesk Messagingの接続は、安全で簡単に行えます。

Freshdesk Messagingの導入は簡単、スムーズに Freshdesk Messagingの導入は簡単、スムーズに

Freshdesk MessagingひとつですべてのFacebookメッセージに対応可能

1つのFreshdesk Messagingアカウントで複数のFacebookページを管理することができます。

ページ表示・非表示の切り替えも簡単で、メッセージの受信をやめたいときには、ボタンひとつですぐに設定することができます。

Freshdesk MessagingひとつですべてのFacebookメッセージに対応可能 Freshdesk MessagingひとつですべてのFacebookメッセージに対応可能

チャットボットによる自動対応とオペレータによる対応を併用可能

Facebookメッセンジャーにチャットボットを導入することで、回答が自動化され、お客さまは24時間いつでも問い合わせを行うことができるようになります。

さらにFreshdesk Messagingは、チャットボットによる対応からオペレータでの受付にシームレスに切り替える機能も備えています。例えば、化粧品のECでおすすめ商品をLINEに表示させた際、その製品の成分についてユーザーから質問されたとします。チャットボット単体ではこうしたイレギュラーな対応は難しいため、すみやかにオペレータに対応をスイッチして、適切な回答を行うことが可能です。

チャットボットによる自動対応とオペレータによる対応を併用可能 チャットボットによる自動対応とオペレータによる対応を併用可能

あらゆる問い合わせを一元管理

Freshdesk Messagingは、Facebookメッセンジャー以外にも、WebサイトのチャットボットやEメール、LINEでのやり取り等を一元管理します。

顧客からの問い合わせはチケット単位で登録され、チケットには優先順位をつけたり、ラベルをつけたりして、運用を効率化します。

オペレータはFreshdesk Messagingに登録された返信用の定型メッセージやFAQを活用して、スムーズに対応できます。

これらすべての作業をFreshdesk Messagingの管理画面から離れることなく行うことが可能です。

あらゆる問い合わせを一元管理 あらゆる問い合わせを一元管理

Freshdesk Messagingの多彩な機能

さまざまなチャネルの問い合わせを一元管理

Facebookメッセンジャー以外にも、WebサイトのチャットボットやEメール、LINE等を一元管理できます。

使い慣れたアプリとの連携も

決済ツール、受注管理ツール、CRMツールと連携し、注文の更新や返金などをFreshdesk Messagingでリアルタイムに管理することができます。

重要なデータを保護

OTP認証、プライバシーモード、HIPAA、GDPR対応で安全性を確保。

シフト管理機能

オペレータの勤務時間を管理し、顧客からの問い合わせ時にオペレータの在席状況に応じて割り振ることも可能。

世界中の顧客をサポート

ライブ翻訳機能で世界中のお客様をサポート。Freshdesk Messagingは、32以上の言語に対応しています。

オペレータのアクセスを管理

オペレータの権限を詳細に管理可能。権限に応じてアクセスできる範囲を制限することで、顧客情報を守ります。