会社概要

はっきり言いましょう。ほとんどの人が職場採用のソフトウェアを嫌っています。

ビジネスソフトウェアは使いづらく高額で設定が難しい上、使用していてイライラしてしまいます。これらのソリューションをカスタマイズしようとして多大な時間を無駄にし、また機能させるために高額な専門サービスを利用することもあります。結果、そのソリューションは複雑化し、ソフトウェアのお守をするために正社員を雇う羽目になるのです。

Freshworksでは、企業により良いソフトウェアが必要であると信じています。すぐに使用可能で、設定と使用が簡単で、最低限のカスタマイズのみ必要とするソフトウェアです。当社における全製品がこれら基準を満たしており、かつ当社の世界クラスのサポートに裏打ちされています。さらに最も素晴らしい点は、これらが手頃な価格でご利用頂けることにあります。

今現在、40,000以上の企業が当社のソフトウェアを信頼してビジネス運営を行っています。当社としてはこれはほんの始まりにしか過ぎないと信じています…

会社沿革

Freshworksの歴史
2010年3月8日
社内でのテレビの故障が顧客サービスチームとの不快な体験につながる。Freshdesk社でアイデア着想につながる
2010年10月13日
創設者のGirish Mathrubootham氏とShan Krishnasamy氏が、ユーザーに焦点を当てたクラウドベースの顧客サービスソフトウェアの開発に着手する。Freshdeskが正式に法人化される。
2011年6月10日
Freshdeskがインドのチェンナイで設立。設立から4日後に、オーストラリアの「Atwell College」がオンラインで登録し、最初のお客様となる
2011年12月1日
Freshdeskがベンチャーキャピタル会社Accelから100万ドル相当の資金を調達する。
2012年4月26日
Freshdeskがニューヨークの投資会社Tiger Global ManagementとAccelから500万ドル相当の資金を調達する。
2013年9月11日
Freshdeskが世界中で1万の顧客獲得に成功したと発表。
2014年10月10日
Freshdeskの顧客数が3万を超える。
2015年8月18日
Freshdeskが初めての買収を実現。ビデオチャットと画面共有トフォームの1CLICK.ioを買収する。
2016年6月21日
Freshdeskが2番目の製品「Freshsales (CRM製品)」を発表
2017年6月7日
Freshdesk Inc.は、製品プラットフォームとしての進化を反映する「Freshworks Inc.」に社名を変更。
2018年6月25日
Freshworksの年間経常収益が1億ドルを突破し、マルチ製品スイート「Freshworks 360」を発表する
2018年10月12日
Freshworksが顧客体験を豊かにするAIエンジン「フレディ」を発表する
2019年9月10日
FreshworksがGartner社Magic Quadrantの顧客エンゲージメントソフトウェア部門のレポートで3つの賞を獲得
2020年2月26日
FreshworksがAnswerIQを買収。
2020年10月27日
Freshworksが営業とマーケティング向け顧客エンゲージメントプラットフォーム「Freshworks CRM」を公開